ヘレンド

ヘレンドのカップ&ソーサー・1

投稿日:2016年12月19日 更新日:

岡崎市のコーヒー専門店、こうひい庵さんの棚にあるものの中から、今日はステキな絵柄の「ヘレンド」のカップ&ソーサーを手にとってご紹介させていただきます。

%e3%83%98%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%bb%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%aa%e3%83%bc3

ヘレンド (HEREND)、 チューリップの花束のカップ&ソーサー

白磁に鮮やかに咲き誇るチューリップの花束ですね。やさしい感じを受けるウェーブの縁は、落ち着いた金色です。

%e3%83%98%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%bb%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%aa%e3%83%bc2

ヘレンドのカップ&ソーサーは、ステキな花柄が多いですよね。同じ花柄でセットで使ってもいいですし、一客ずつ花の種類を変えても、楽しいティータイムを過ごせそうです。

%e3%83%98%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%bb%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%aa%e3%83%bc1

ヘレンド(HEREND)のカップ&ソーサーとは

ヘレンドはヨーロッパ貴族の間で昔から愛用されているブランドで、その絵付けは世界最高峰と言われる手描きなんですね。

手描きなので、同じ花のシリーズでも、同じじゃないんですね。それぞれが世界に一つのカップ&ソーサーなわけです。

だから、ヴィクトリア女王やヨーロッパの名門と呼ばれるやハプスブルグ家、ロスチャイルド家などの上流階級の間で親しまれているんですね。

1826年、ハンガリーの首都ブダペストから車で2時間程のヘレンド村で、ヴィンツェンツ・シュティングル氏が、ヘレンドを創業されたんですね。

貴族に愛され、帝室、王室御用達と承認されたヘレンドで、紅茶やコーヒーをあなたも味わってみませんか?

きっとステキなひとときになりますよ♪

出典:ハンガリーのブランド用食器「ヘレンド」

文:Sugiha Style、杉田

-ヘレンド

Copyright© 岡崎市明大寺町の炭火煎珈琲のこうひい庵 , 2018 AllRights Reserved.